中国国内には、日本のアニメを愛してやまない若者が数多くいることはもはや周知の事実と言っていいだろう。実はそんな彼らには「天敵」のような存在がいる。「日本」と聞くと頭ごなしに痛烈な批判を浴びせかける「憤青」と呼ばれる人々だ。

 中国メディア・騰訊網は4月30日、「『憤青』の日本アニメ嫌いをどう見るか」とする記事を掲載。「日本アニメ好き」の立場から、「憤青」の問題点などについて論じている。 ・・・・

続きを読む