「精緻」の理念を突き詰めていくと、作り上げられる品のサイズはどんどん小さくなっていく。「小さいもの」に対する技術への探求は終わることなく、顕微鏡でしか見えないものにまでチャレンジするようになる。日本人はとにかく「小さいもの」を作るのが好き、という印象が、一部の外国人にはあるかもしれない。

 中国メディア・三亜日報は4月29日、「日本のミニチュア食器に驚嘆させられる」とする記事を掲載した。・・・・

続きを読む