日本を訪れる中国人旅行客が増加していることから、中国における反日感情はすでに落ち着いていると思われがちだが、中国のネット上では今なお一部で反日感情をむき出しにするユーザーが存在する。

 こうしたユーザーたちは、中国では「憤青(憤怒青年)」と呼ばれ、愛国心を過度に表現しつつ、日系車などに反日感情の矛先を向ける傾向がある。だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、視察らしき現場で中国の習近平国・・・・

続きを読む