「映画」は国境を超えて人の心を打つことができる素晴らしい文化の一つだ。しかし中国メディアの思客は25日付の記事でかつて中国人にとって本当に魅力的だった日本映画は、現在すでに中国の心を捉えることができなくなっていると論じた。

 記事は1970年代の日本映画、例えば「君よ憤怒の河を渉れ」や「サンダカン八番娼館 望郷」などの作品が中国で大流行、異様な情熱を持って迎えられたと説明。大流行の要因に・・・・

続きを読む