中国メディア・界面は25日、「島国(=日本)の想像力はなんと医師の求人にも用いられていた」として、専門知識や技術とは別に「超ミニ寿司」などを作らせて手先の器用さを判断する試みが日本のある病院で行われたと報じた。

 記事は、「医学生が外科医師になれる資質を持っているかを試すため、ある日本の病院が広告会社と協力して、新鮮奇抜なテスト項目を定めた」としたうえで、岡山県の倉敷中央病院の試みを紹介・・・・

続きを読む