中国国内の空港では出発、到着のいずれの便においても遅延が発生するのはさほど珍しいことではない。

 中国メディアの南方都市報はこのほど、中国で国内線を利用するにあたって、中国人は遅延が生じることにすっかり慣れてしまっていると伝える一方、日本航空(JAL)は2015年に定時到着率で世界一の座を獲得したことを紹介し、JALはいかにして世界一の定時到着率を実現したのかを考察している。 続きを読む