今や世界最大級の「がん大国」となっている中国。その発見、治療体制の整備が喫緊の課題と言えるが、それ以上に解決しなければならない問題がある。それは「信頼」だ。中国メディア・捜狐は、日本と中国の医療事情における差について論じた記事を掲載した。

 記事は、現在中国ではがんが最大の死因となっており、世界で毎年がんで亡くなる約700万人のうち24%、すなわち5人に1人以上が中国人であると紹介。中国・・・・

続きを読む