日本の消費者は「メード・イン・チャイナ」という言葉を聞いて、何を連想するだろうか。高級で上質な、人びとが憧れるような製品を連想できる人はほとんどいないはずだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「メード・イン・チャイナ」という言葉が世界の人びとの心を捉える魅力的なフレーズになるために、中国は人びとの思考ベクトルの方向を変化させることが必要だと主張している。

 記事は福建省晋江市のある皮革工・・・・

続きを読む