「シンプルながらも精緻で味わい深い」というのは、和食をはじめとする日本の「モノづくり」を中国メディアが評する際によく見られるフレーズだ。その「日本らしさ」は、このほど中国で上演された日本の児童劇においても体現されたようだ。

 中国メディア・西安晩報は11日、「舞台の演者はたった3人 低コストの日本の児童劇に思うこと」とする記事を掲載した。記事は、このほど陝西省西安市で公演を行った日本の児・・・・

続きを読む