日本はかつて高度経済成長を遂げる代償として、自然環境を破壊した。イタイイタイ病や四日市ぜんそくといった疾病は自然環境の破壊に伴って生じた公害によるものだ。

 だが日本は環境破壊を教訓とし、環境を回復させる取り組みを続けてきたことで、今日では失われた自然は随分と回復した。こうした日本の環境保護への取り組みは、現在進行形で環境破壊が進む中国でも高く評価されているようだ。

・・・・

続きを読む