「詰め込み式教育」一辺倒の感がある中国の教育事情。昨今では、日本の学校教育制度や部活動などを紹介して、そのシステムや姿勢を賞賛する記事が目立つ。中国メディア・新華社は1日、日本では「徒歩10分で図書館に行くことができる」として、読書を支援する施設の充実ぶりを紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本の多くの街ではいたる場所で図書館を見つけることができ、「子どもが読書を好きになるための重要な・・・・

続きを読む