環境保護やエコといった考えが根付いた日本では、ゴミの分別はごく当たり前に行われていることだ。だが、そうした習慣も中国人からすれば驚くべきもののようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本ではペットボトルを捨てるにあたって本体とキャップ、さらにはラベルの3種類に分別するケースがあることを紹介、「日本のゴミの分別は複雑すぎて、もはや変態的」と伝えた。

 記事は「日本のゴミ分別は世界でもっとも複雑だと言われている」などとしたうえで、一定の訓練を受けないかぎり正しく分別できないほどだと主張。日本在住と思われる中国人の見解として、東京都内の公園で花見をしたときの発見を紹介。公園内にはゴミ箱が設置されておりゴミ箱には日本語のみならず英語や図で分別すべき内容が明記されていたという。

 さらに、公園内に設置されたゴミ箱を写真で紹介。ビンや缶、ペットボトル、新聞・雑誌、プラスチック・ビニール、そして紙くずなどの6種類に分別できるようになっていたと伝え、日本でのゴミの分別がいかに複雑であるかを中国の読者に向けて紹介し、日本人はゴミの分別を正確に行うことができると驚きを示した。

 中国では多くの都市で「リサイクル可能か否か」という2種類でしか分別が行われていないが、それでもゴミを分別しようとしない中国人は多い。日本も昔からゴミの分別が行われていたわけではないが、それでも社会に根付かせることができたのはルールを守る日本人ならではと言える。中国で日本のように分別を行おうとしても中国人はルールは何でも守りたがらない傾向にあるため、分別を根付かせるのは難しいといえそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)