中国メディアの現代金報は29日、日本で新安保法が施行されたことを強く警戒する記事を掲載した。同記事は専門家による「安倍首相と自民党にとって、G7(伊勢志摩サミット)は広告の絶好の舞台」との、日本の外交攻勢も警戒する指摘を紹介した。環球網など、中国の他のメディアも同記事の転載を始めた。

 記事は、清華大学当代国際関係研究員の劉江永副院長の解説を、多くの文字数を使って掲載。専門家個人の意見表・・・・

続きを読む