そう遠くない昔、中国のコーヒーはパンと同様非常に不味かった。焦がし過ぎた麦茶のようなものをコーヒーと称して供された思い出がある。今や都市部では外資系チェーン店を始め、本格的な美味しいコーヒーを堪能する環境が整い始めている。しかし、中国の「コーヒー文化」はまだまだ黎明期と言わざるを得ない。

 そんな中国国内において、「匠の精神」で知られる日本で発展した独自の「コーヒー文化」、あるいは「コー・・・・

続きを読む