台湾の民進党(民主進歩党)が23日に行った会議で、5月20日に次期総統に就任する蔡英文主席(党首)は、原住民族(先住民)の存在を重視する方針を明言した。同方針には、原住民族だけなく、本省人、外省人といった出自の違いを乗り越えて、「台湾人」との意識を強化する考えが込められていると解釈できる。

 台湾で次期総統選が実施されたのは1月16日だった。勝利した民進党の蔡英文主席(党首)が総統に就任・・・・

続きを読む