景気減速に対する懸念が高まっている韓国において、家計債務が増加している。韓国の国内総生産(GDP)に対する家計債務の比率がわずか1年間で3%も上昇し、消費がさらに減退する恐れが浮上している。

 韓国の亜洲経済の中国語電子版記事は、国際通貨基金(IMF)がまとめた19の新興国を対象としたデータを引用し、韓国のGDPに対する家計債務の比率が1年で3.45%も上昇したと紹介。上昇率で韓国を上回・・・・

続きを読む