中国・新華社によると、同国雲南省を出発し、ラオスの首都、ビエンチャン市に向けて運行していた国際長距離バスが23日夜、ラオス領内で銃撃され、死傷者が出た。中国人は6人が負傷したという。ラオスでは1月に中国人が襲撃され2人が死亡、1人が負傷した。2月には武装した中国人がバナナ農園でラオス人を強制労働させていた事件が発覚した。

 バスが襲撃されたのはビエンチャン県内。同県は、ビエンチャン市があ・・・・

続きを読む