クアラルンプールで開催された卓球世界選手権団体戦で日本は男女ともに決勝で中国に敗退した。しかし中国メディアからは、日本が「中国を苦しめた」と高く評価し、日本の卓球界の実力が急激に向上していると指摘、優秀な選手を育てる日本の取り組みが功を奏しつつあると伝える記事を掲載した。

 今回の世界選手権で日本は中国に敗れはしたものの、中国を「ある程度苦しめ、日本チームの力は中国の卓球ファンたちに強い・・・・

続きを読む