北九州というと、かつて炭坑や製鉄で賑わった街、あるいは何かと物騒な街というイメージがあるかもしれない。しかし、環境に優しい街づくりに向けた試みを盛んに進めているという先進的な側面も持っているのである。中国メディア・中国新聞網は22日、「日本の環境保護のお手本」として北九州市の取り組みを紹介する記事を掲載した。

 記事は、1901年に日本最初の溶鋼高炉が誕生して製鉄業が発展、日本の4大工業・・・・

続きを読む