中国メディアの中国新聞網は17日、日本人団体が犬の糞拾いを含めてフランスのパリで「清掃作業」を行っていることについて、「パフォーマンス」ではないと紹介する記事を掲載した。同記事は、日本では学校教育で清掃の大切さを強調しており、「よい文化」が定着したと評価した。同記事は新華社系の新華網など、多くの中国メディアが転載した。

 パリ清掃の発端は「あまりにも汚い。これでは観光客がいやな思いをする・・・・

続きを読む