先に“猴年马月”と“驴年马月”について書いた時に、“猴年”は“何年”のもじり、“驴年”は実際には存在しない年で、どちらも「いつとは言えないあてにならない年月」をふざけ半分にいうのに使われると述べたところ、読んでいただいた方から、「“马月”はありますよ」という指摘を受けました。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む