農村の住民を郊外のニュータウンに移転させる「都市化」をダイナミックに進めている中国。その手法の是非を問う議論が盛んに行われているようだが、日本における「都市化」の経験を参考にせよという声もある。中国メディア・澎湃が9日に紹介したのは、石炭を運ぶ運河の街として栄えたのち衰退し、その後著名な観光地として復活を遂げた北海道・小樽のモデルだ。

 澎湃の記事は、近代に石炭をはじめとする貨物の集約地・・・・

続きを読む