日本政府が次期中国大使に横井裕トルコ大使を起用する方針を固めたとの報道を受け、中国では横井氏の経歴を詳しく紹介する記事が増えた。横井氏が「南京大虐殺を認めた」と強調する記事もある。

 「中国通」や「かつて南京大虐殺を認めた」が強調されている記事は、大手SNSの騰訊微信が掲載したとみられる。中国ではインターネットニュースの自由転載が黙認されているので、網易などの大手ポータルサイト/ニュース・・・・

続きを読む