中国国営の新華通訊社(新華社)は14日付で、中国は2016年内に南シナ海の西沙洲(ウェスト・サンド)と渚碧島(スビ・リーフ)で50万本の植樹を実施すると伝えた。ベトナムやフィリピンと領有権を争う島や砂州で、実効支配の既成事実を着々と積み重ねることになる。

 海南省三沙市が実施するという。三沙市は、領有権の問題でベトナムやフィリピンと対立するスプラトリー諸島(南沙諸島。ベトナム、フィリピン・・・・

続きを読む