男性は店内で食事をしていた。米飯の上に蛙の肉の炒め物を乗せた料理だ。おや? 口の中に違和感を感じた。異物を口から出して眺めた。絆創膏だった。血がにじんでいた。使用済みだ。男性はとたんに、気持ちが悪くなった。浙江省のメディア、現代金報などが伝えた。

 「事故」が発生したのは浙江省寧波(にんぽー)市中心部の江北区万達成広場の飲食店。10日のことだった。「血のついた絆創膏」を食べさせられた男性・・・・

続きを読む