中国メディアの北京青年報は2月29日に「中国の夢」と書かれた広告を掲載した。同公告は背景に中国の国旗である「五星紅旗」と万里の長城が描かれており、左に北京五輪の会場となった「鳥の巣」、右に上海センターを中心とした街並みが描かれ、真ん中には「高速鉄道」の写真と「中国夢」の文字が描かれている。

 ここまでは一般的な広告なのだが、しかしこの中心に描かれている「高速鉄道」、どう見ても日本人に馴染・・・・

続きを読む