中国メディア・青島日報は7日、日本の政府や企業、社会によるエコカー普及への取り組みについて「どうやって世界をリードしているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、日本がエコカー普及で世界をリードする要因には成熟した技術、補助金制度の充実、インフラ整備の3点があると指摘。技術面では1997年にトヨタが世界に先駆けてハイブリッド車(HV)のプリウスを発表して以降、ホンダや日産、三菱などがHV・・・・

続きを読む