4月は日本の入学シーズン。日本では私立や国立小学校を受験して入学するケースは圧倒的に少なく、大半の児童は地域の最寄りの小学校になかば「自動的」に入学することになる。中国メディア・文匯網は3日、「日本の小学校教育はどのように均質化を実現しているか」とする記事を紹介した。

 記事は、公立小学校が日本国内の小学校の99%を占めており、児童は各学区の小学校に選抜試験なしで入学できると紹介したうえ・・・・

続きを読む