台湾の墾丁国家公園にある龍坑及南仁山生態保護区では1日から、入場制限枠で大陸からの旅行客を「外国人」として扱うことにした。政治的な「2つの中国」の主張ではなく、中国人の入場を減らす方策を講じないと、ごみを投げ捨てる、花を摘む、ところ構わず大小便をするなどで、深刻な状態に陥ったからという。中国メディアの環球網が伝えた。

 同保護区に入るには42日前までの申請が必要で、1日あたり中国籍保持者・・・・

続きを読む