台中市でこのほど、日本統治時代の1913年に完成した同市旧市役所の建物が、カフェとして生まれ変わった。台湾メディアの蕃新聞、TVBSなどが報じた。

 同建築を手がけたのは明治時代を代表する建築家の1人、辰野金吾氏(1854-1919年)だ。辰野氏の作品には、日本銀行本店や奈良ホテルなど重要文化財に指定された建物も多い。

 現在の台中市役所はすでに、新しいビルに移っ・・・・

続きを読む