北京市メディアの京華時報によると、北京市民1人が2月26日、外国人男性1人を「テロリストの疑いあり」と通報したことで、警察から現金3000元(約5万1620円)の報奨金を受け取った。

 詳しい状況は説明されていない。北京市民1人が外国人男性と会話をしていて「ようすがおかしい。テロリストかもしれない」と疑って、警察に通報したという。「警察はただちに調査して、事前にテロ事件発生のリスクを取り・・・・

続きを読む