大手電機メーカーのシャープが台湾の電子機器受託生産会社である鴻海(ホンハイ)精密機械工業からの出資を受け入れることを決定し、契約に向けて交渉を行っている。

 将来的に返済義務が発生する恐れがあるシャープの「偶発債務」をめぐり、契約交渉の期限が延長となったが、鴻海がシャープを傘下に入れれば世界の産業図も大きく変わることになるだろう。台湾メディアの中央社はこのほど、韓国メディアが「鴻海がシャ・・・・

続きを読む