2015年、大村智氏がノーベル生理学・医学賞を、梶田隆章氏がノーベル物理学賞を受賞したことは記憶に新しい。日本のノーベル賞受賞者はアジア最多であり、日本の研究分野が高く評価されていることを示すものと言える。

 中国メディアの中国組織人事報はこのほど、日本から多くのノーベル賞受賞者が輩出されていることについて、「多くの受賞者を輩出しても、日本はうぬぼれず、研究者も怠ることはない」と伝え、こ・・・・

続きを読む