異なる文化を経験し、さまざまな価値観に触れることは海外旅行の醍醐味の1つと言える。中国人旅行客にとって日本での体験は非常に興味深いようだ。

 中国メディアの今日頭条は「日本をじっくり見てみると、日本人は行列好きで、お辞儀好き」であることが分かったと伝え、中国人読者に向けてより深く日本を知ってもらおうと、訪日中国人の印象に残った事例を紹介した。

 まず記事が挙げているのは「トイレのスリッパ」だ。トイレという小さな空間に専用スリッパが存在することに驚くと同時に、トイレのスリッパを履いたまま出てきてしまうという失敗を何度もしたと紹介している。中国ではトイレでスリッパを履き替える習慣がないことが分かる。

 また、日本でよく見かける「餃子とラーメンとチャーハン」の組み合わせは、中国人からすれば不思議な組み合わせのようだ。中国人にとって餃子は主食であっておかずではないため、セットメニューのすべてが主食に見える組み合わせに驚いている。しかし、美味し過ぎて毎回完食してしまったという。

 そのほか、美味しい食事のために開店前から行列を作るのは日本ならではの光景だと伝えている。中国では列に並ばないことや割り込みが原因で喧嘩が起きたり、声を荒げている中国人を頻繁に見かける。そんな彼らにとっては、整然と列を守っている日本人を見ると文化の違いを感じるのだろう。

 続けて記事は、ゴミの分別や時間どおりに来る電車、自動で開閉するタクシーの扉や交通マナーの良さなどを紹介したほか、「日本人は全員、乙女座のようだ」としている。これは日本人が皆謙虚であるとの意味だ。謙虚は日本人の美徳の1つであり、今後も是非とも守っていきたい特質と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)