日本国内で日本円の偽札を見たことのある人は恐らくいないだろう。だが、中国では偽札を掴まされるリスクが日常的にあるのが現実だ。年々、偽札を掴まされるリスクは減少しているようにも見えるが、中国国内では今なお偽札を製造している組織の摘発が後を絶たない状況にある。

 日本の法律では、偽札の製造は刑法第148条の「通貨偽造及び行使等」に問われることとなり、偽造は厳しく取り締まりが行われているが、そ・・・・

続きを読む