中国紀検監察報によると、安徽省宿州市の農村部の小学校校長が、同校の貧困生徒を支援するためとして銀行から渡された寄付金を関係者の昼食代に使ったことで、解任されたことが分かった。同件が発生したのは2014年11月で、さほどの大金ではないが、市の共産党委員会が重視した。

 寄付をしたのは、銀行だった。小学校は2014年11月12日に、対象となった家庭が貧困な生徒30人に対する寄付金の贈呈式を行・・・・

続きを読む