先日、自動車メーカーのマツダが本来の事業とは到底結びつかないような代物を開発して世間を驚かせた。それは「ゆで卵器」だ。単なる遊び心で作ったのかと思いきや、同社のモノづくりの精神を凝縮したという実にハードボイルドかつハイクオリティなアイテムなのだ。

 この情報はすぐさま日本のクルマ業界事情に敏感な中国のネット上にも流れた。そして、日本の自動車メーカーが「ゆで卵器」を作った意味について考える・・・・

続きを読む