台湾の馬英九総統は28日、軍用機を利用してスプラトリー諸島(南沙諸島)で中華民国として実効支配する太平島に上陸した。中国政府の報道官は同上陸について、台湾も大陸もひとつの中国なので、共同で国家主権と領土の完全性を維持する責任があると述べた。米国政府関係者は、行かないよう事前に伝えていたと述べた。民進党所属の蔡英文次期総統は、馬総統側から「誘い」を受けたが断った。

 馬総統は台湾軍のC-1・・・・

続きを読む