中国メディアの新浪網によると、広東省深セン市当局は26日、小売市場に出回っていた「金箔付き100元紙幣」を大量に押収した。「(中国中央政府)国土資源部鉱産資源監督検査合格」とする保証書付きで売られていたが、政府が認めた紙幣ではなく、金も含有されていなかったという。

 政府が公認した紙幣ではないので、1種の「偽札」。しかも、金箔部分の「金含有量99.9%」と表示しているが、金ではなくポリウ・・・・

続きを読む