中国の第5世代戦闘機の開発は順調と伝えられる一方で、日本の「先進技術実証機(ATD-X)」の試験飛行は延期が相次いでいる。しかし中国メディアの商洛在線はこのほど、日本のATD-Xの開発が順調でないのは当を得たことだと分析している。

 記事はATD-Xの名前に「先進技術を実証する」という意味があることを指摘、従ってATD-Xの開発目標は実戦配備ではないと指摘。いわば日本は現段階で第5世代戦・・・・

続きを読む