中国メディア・重慶晨報は21日、日本を訪れる中国人観光客による「爆買い」の対象となった日本の電子炊飯器と中国製炊飯器との違いについて「技術よりも、材料にある」と報じた。

 記事は、華南理工大学広州学院の専門家が「日本製品は材料がよく、塗装も耐久性がある。国産炊飯器の耐久性とは明らかに差がある」と説明したことを紹介。また、中国のメーカーがコストを考慮して耐久性を犠牲にしている背景があるとし・・・・

続きを読む