台湾メディアの自由時報は20日、日本が受注したインドの高速鉄道建設プロジェクトについて、インドは支払ができず、契約は目前にして無効になる可能性があることを報じた。

 インドでは政府主導で交通インフラの現代化を進めており、7つの主要都市をつなげることで経済成長を刺激する効果を狙っている。計画では路線の総距離は世界で4番目の長さになる予定だという。

 同計画が予定通り進む・・・・

続きを読む