中国の習近平主席は19日から23日まで、サウジアラビア、エジプト、イランを公式訪問する。中国メディアの21世紀経済報道によると、イランのアリ・アスカル・ハジ駐中国大使は、習主席のイラン滞在時に、金融、高速鉄道、自由貿易区、エネルギーの4分野などで中国とイランが合意文章にサインすると述べた。

 中国は、人権問題などで国際的に強く非難されている国とも親密な関係を継続することがある。資源などさ・・・・

続きを読む