日本を訪れる中国人旅行客が増えているが、中国人は日本で何を見て、何を感じているのだろうか。中国メディア今日頭条は実際に日本旅行を楽しんだ経験に基づき、日本人のさまざまな生活習慣の背後にある「精神」に注目したうえで、「これこそが日本人の本当に恐ろしいところだ」と論じる記事を掲載した。

 まず記事は、日本人の仕事に対する精神と責任感に注目し、日本人ツアーガイドが中国人旅行者1人1人に対して常に気を配っていたという様子を紹介。中国人客に呼ばれればすぐに走って駆けつけて用件を聞き、観光地でも移動中の地下鉄でもツアー客全員がそろっているか、はぐれた客はいないかを絶えず気にかけていたと紹介した。

 中国人であれば、旅行者の1人を見失ったとしても、それは自分の責任ではなく相手の責任と考える人も少なくない。むしろ自分に迷惑をかけたという理由で旅行客を叱責することもあるかも知れない。日本人からすれば、日本人ツアーガイドが見せた対応はごく当たり前のものだが、中国人から見れば驚き以外の何ものでもないのだろう。

 記事はさらに街にゴミが落ちていないことの背後には日本人の「自律精神」があると指摘。人が多ければそれだけゴミも増える中国と違い、日本は「乗客でいっぱいの地下鉄」の車内でさえゴミが見当たらないと紹介。さらに鼻をかんだティッシュをポイ捨てせずにカバンに収める日本人を目にしたと伝え、環境を美しく保つためであれば自分の鞄を「犠牲」にすることもいとわない日本人の精神を称賛した。

 また日本人が何事においても列を作って並ぶ姿を記事は「日本独特の光景」と紹介。なぜなら中国の場合、電車やバスに乗るときに列を作って並ぶことはしないからだ。記事は日本人1人1人が社会全体の質に対する責任感を持っていることを称賛したうえで、この意識は日本では偽物や海賊品の流通が少ないことにも表れていると論じた。

 記事は日本の高度に発展した社会の背後には責任感や自律心などがあるとし、その精神に学ぶ価値があると主張している。これらの特質がこれからも日本の長所であり続けるよう、日本人も努力し続ける必要があるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)