捕鯨問題は長年にわたって国際的な問題となっている。オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)は2014年、日本の調査捕鯨は「科学目的を装った商業捕鯨である」として中止を命じた。だが、日本がこのほどミンククジラの調査捕鯨再開を再開したことに対して、反捕鯨国から反発の声があがっている。

 中国メディアの界面はこのほど、「日本はなぜまた捕鯨を再開したのか」と題する記事を掲載し、日本が捕鯨にこだ・・・・

続きを読む