「農民工」に代表される農村からの流動人口対策について長年模索が続いている中国で、昨年末の中央経済工作会議にて「政府が農村住民の都市定住を支援する」という方針が打ち出された。中国メディア・環球時報は4日、日本が持つ農村から都市への人口流動の経験について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本では1950年代以降の高度経済成長期に東京、名古屋、大阪、福岡などに重工業発展エリアが出現、必要とな・・・・

続きを読む