中国メディアの新浪網は4日「700機のJ-20は世界にとって何を意味するか。F-22を圧倒して西太平洋を奪う」と題する記事を掲載した。

 同記事は、中国が開発中の「J-20(殲-20)」ステルス戦闘機について、公的筋から生産総数が500-700機になる見通しとの情報が出ていると指摘。運用開始については2017年との見方が強いが、前倒しになる可能性が大きいとの考えを示した。
<・・・・

続きを読む