中国メディアの新浪網はこのほど、中国の航空母艦「遼寧」は今後、搭載する「J-15(殲-15)」は制空権を確保できなくとも、敵艦隊を沈められると主張する記事を掲載した。

 遼寧は2012年9月に、中国人民解放軍海軍に引き渡された。記事は「本当の戦力になるまでに5-8年間は必要との見方が多かったが、遼寧のこれまでの状況から予想を大幅に短縮するだろう」と主張した。

 J-1・・・・

続きを読む