新華社によると、ベトナム当局が12月21日、中国の貨物船1隻を拿捕していたことが分かった。背景には中国の規制強化で、ベトナムの石炭の対中輸出が大幅減になったことがあるという。

 クアンニン省当局が同日、海上をパトロールしていて「疑わしい船」を発見して臨検した。船名は「明勝」で、石炭4000トンを積んでいたが、石炭輸出に必要なベトナム側の通関関連書類を提示できなかった。同船には船長とそ・・・・

続きを読む