中国でも、「日本には温泉が多い。日本人は温泉に浸かるのが大好き」とよく知られている。しかし、「猿まで温泉が大好き」と知って、改めて驚いてしまうようだ。中国の大手ポータルサイトは29日、長野県下高井郡の地獄谷野猿公苑で温泉につかるニホンザルの動画記事を配信、見出しを「恍惚とした表情で温泉につかる。猿になりたい!」などとした。

 中国人の日本旅行と言えば、さまざまな日本製品/産品の「爆買い」が有名だが、買い物だけを目的に日本旅行をする中国人は、むしろまれだろう。中国人と言えば、金銭感覚が発達している。「日本に行くのだから、中国国内よりも安く買える良質な日本製品も、出来るだけ買った方が得」という発想だ。逆に言えば、「日本旅行をするならば、出来る限り多くの事を自分の目で見て体験したい」との考えが強い。

 そんな中国人であるから、「日本文化の1つ」としての温泉に対する関心も、早くから高まった。もっとも「日本には男女混浴がある」との情報に、妙に胸をときめかせて「体験」に及ぶ男性がいることは事実だ。

 ところが、そんな男性の多くがインターネットで「日本の露天風呂は、私の想像とは全く違っていた。男女の区別もなく湯につかって自然と溶け合い、人と人の心が触れ合う得難い体験をした」といった、「実に真面目」な感想を披露しているのは面白いところだ。

 中国で「日本では猿も温泉を楽しむ」ことは、比較から早くから紹介されていたが、今も多くの人が関心を寄せている。新浪網は改めて動画とともに、地獄谷野猿公苑の概況を説明し、「猿が悠然と意のままに、温泉を楽しんでいる。見ていると本当にうらやましい限りだ」などと感想を記した。(編集担当:如月隼人)(写真は新浪網の29日付報道の画面キャプチャー)